読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ED治療薬の現状

今回の更新では、ED治療薬についてまとめてみます。

ED治療薬は血管を拡張することで、勃起状態を保ちやすくする薬です。

尚、ED治療は保険対象ではないので治療薬も保険は効かず自由診療となり全額自己負担となります。

ED治療薬は以下の3種類がありますので、それぞれまとめてみます。

 

①バイアグラ

f:id:frontia:20161002001103j:plain

ED治療薬の代表的な薬です。

名前はよく知られていることでしょう。

作用時間は、飲んでから5時間程度と言われます。

自由診療ですので、実際に患者が負担する金額は医療機関によってまちまちですが、

25㎎で約1500円、50㎎で1800円~2000円くらいが相場のようです。

尚、バイアグラにはジェネリック品もありますので、ジェネリック品で良ければもっと安くなります。

自由診療にとって、薬価が安くなるジェネリック品は魅力的です。

 

②レビトラ

f:id:frontia:20161002001901j:plain

 

バイアグラの次に発売になった薬です。

10㎎と20㎎の2規格が使われています。

価格は10㎎で1500円、20㎎で2000円くらいが相場となります。

作用時間ですが、10㎎で5時間以上、20㎎で10時間くらい持続します。

即効性が売りですが、バイアグラも即効性はあるので、差別化ポイントは少ない気がします。

 

③シアリス

f:id:frontia:20161002002807j:plain

 

3種類の中では最も最近発売になっている薬です。

10㎎と20㎎の2規格。

価格は10㎎が1800円、20㎎が2000円が相場となっております。

作用時間の長さが特徴で、

10㎎で約20時間、20㎎で約30時間持続すると言われます。

その代り即効性はないので、性行為の3時間前には服用しておかないと効果が期待できません。

シアリスの面白いところは、海外で血管保護効果が報告されており、アンチエイジング効果も期待できるのではと言われているところです。

 

以上になります。

これらのED治療薬は、個人輸入などが多く出回っていますが、偽物が多いとも言われます。

医療機関で受診すれば間違いなく本物ですし、いざというときの副作用にも対応できますので、ぜひ医療機関でもらうことをお勧めします。

診療科は泌尿器科でなくても、内科など診療科問わず大丈夫です。

 

ちなみにほとんどのクリニックの先生は、この種の相談が患者さんからあった場合、薬を診察室でこっそり渡してくれるような対応をしており、プライバシーには気を使ってくれますので、どうぞご安心を。