読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水しか出さない利尿薬・サムスカ

今回は、利尿薬・サムスカについて取り上げます。

この利尿薬の画期的な点は水しか排泄しない点です。

 

利尿薬は昔からある薬で、心不全、肝硬変などで体内に水が溜まってしまい心臓や肝臓の働きが悪くなっているときに使い、余分な水分を排泄し負荷を軽減させます。

また、降圧目的で使われることもあります。

代表的な薬はラシックスです。

 

従来の利尿薬はNaの再吸収を阻害することで、Na(ナトリウム)とともにNaに引っ張られる水分まで排泄させる機序でした。また同時にK(カリウム)も排泄されていきます。

f:id:frontia:20161108142044j:plain

NaやKは電解質と呼ばれます。

このNaやKが過度に排泄されてしまうと、低Na血症や低K血症となってしまい最悪心停止を起こしてしまいます。

この点が今までの利尿薬の問題点でした。

 

サムスカはこの問題点を解決した薬で、直接水分の再吸収を抑えてNaやKなどの電解質に影響を与えることなく水分だけを排泄することができます。

f:id:frontia:20161108142642j:plain

サムスカは、バソプレシンV2受容体阻害薬と呼ばれています。

作用機序はシンプルで、バソプレシンV2受容体を通って水が体内に再吸収されているのでサムスカによってその受容体を阻害することで、水の再吸収を防ぎます。

f:id:frontia:20161108143531j:plain

 

心不全や肝硬変の患者さんにとっては画期的で、発売されて6年ほどですが多くの病院で採用されております。

問題は薬価が高いこと。

通常用量の15mgで1948.4円(1日1回)と高薬価です。

3割負担の場合この薬だけで、1か月約17500円も自己負担しなければなりません。

 

最近の新薬は画期的だが高薬価、サムスカもその1つなのです。