読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

B型肝炎ワクチン定期接種へ

本日より更新を再開させていただきます。

引き続きお付き合い、よろしくお願いいたします。

 

今回は、ワクチンの話題から。

乳児(生後1年まで)のみが対象ではありますが、任意接種だったB型肝炎ワクチンが今年の10月より定期接種となることが決定しております。

f:id:frontia:20160818161336p:plain

 

定期接種とは、簡単に言えば国が接種を強く勧めているワクチンでありほとんどが無料で受けられるようになります。

また、重篤な副反応が起きてしまった時には国から補償が下りるといったメリットもあります。

今回のB型肝炎ワクチンも無料で受けることができるようになります。

 

B型肝炎ですが、以前は母子感染予防に重点を置いた対策が取られておりました。

実際、B型肝炎ワクチンも基本的には自由診療なのですが、母子感染予防のためであれば保険診療の対応となるのです。

 

しかし、近年母子感染だけでなく、水平感染(人から人への感染)も多いということがわかってきました。

f:id:frontia:20160818161610j:plain

そして、特に乳児のときにB型肝炎に感染してしまうとその後のキャリア化率(B型肝炎ウイルスを体内に保有した状態)が高いというデータが出ているため、

乳児のときに限り、定期接種の対象となったのです。

 

B型肝炎は注射器の回し打ちによって感染が広がったとの過去があり、現在では罹るリスクは少ないイメージがあるかもしてませんが、定期接種になったことからもわかるようにB型肝炎は誰でも罹ってしまう可能性があります。

将来的には肝硬変や肝がんのリスクになる疾患ですので、しっかり予防接種を受けさせて欲しいと思います。

f:id:frontia:20160818161150p:plain